スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AOUショー2008 レポート

電車に揺られてはるばる幕張まで向かって行ったAOUショー。
観に行くのは今年で3回目(2月開催時のみ)になるわけですが、
一種の自己満足だけで行っているも同然なのに
疲れて帰ることが恒例になっている感じがします。

イの一番に訪れたのはケイブブース。
GIGAZINEさんの記事を見たとおり、怒首領蜂大復活を中心に
祭りの会場のような場所になっていました。

待ち並んだ末に試遊台へと到着し、早速遊んでみました。
A-TYPEのパワータイプを選び、2面ボス直前まで進むことができました。
遊んでみて思ったことを挙げるとすれば、
  • 演出の半透明効果のためか、過去の首領蜂シリーズと比べても
    画面全体が明るく見えてしまう。
    そのためか各キャラの輪郭がシャープになっていないことと
    目にやさしくないような気がした。
  • ボタン数が増えたことで弾避けに集中しにくい。
  • 大往生から始まったハイパーモードを発展させた「ハイパーカウンターモード」を
    一回使ってみたものの、「形勢逆転できた!」感が今ひとつだったような・・・。
まぁ、批判じみた感想はこれくらいにしておきまして、
少なくともケイブが硬派スタイルのSTGを出してくれたことはうれしい限り。
今後の調整に期待したいところです。

その後はグレフの「まもるクンは呪われてしまった!」とマイルストーンの「イルベロ」、
Studio Siestaのトラブルウィッチーズ(AC版)を見た後、
サターンのファイティングスティック改造用に、三和電子とセイミツ工業のブースで
ボタンやレバーなどを買い漁って終了。
気分転換したい時に改造作業を行うとしますか。
スポンサーサイト

ジャンル : ゲーム

テーマ : 新作ゲーム

タグ : ケイブ AOU 怒首領蜂

コメント
コメントの投稿

トラックバック

| TOP |

プロフィール

Name:Mr.KN(ミスター・ケーエヌ)

当サークル及び代表の私についてはこちら

最新情報はTumblrの方をご参照下さい。

カテゴリー

月別アーカイブ

個人的特設

大人の発達障害者にも適切な支援を
他人事ではないので、いち当事者として
意思表示。

仮面ノリダーDVD化リクエスト
今のパロディで忘却されつつある何かが
この作品にある。
※現在はサービス一時停止中

最近のコメント

最近のトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。