スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Doomsday -2006年度前期-

この日は後期授業開始&成績発表。
今年のみ進級条件の類はないのだが、来年の進級条件をクリアする上では
単位を多く取らなくてはならないので、いかに多く取得できるかが大事である。

果たして結果は――
*必修科目
難なく好成績で取得。
心配していたプログラミング演習は何とかとれたようで安心。
実習の方は、後期もハードな内容が目白押しなので、
後期も油断せずに取り組んでいきたいところ。

*英語
これも無難に取得。
出席とTOEICの受験だけすれば単位は取得できるものの、
実際にネイティブの先生と話すとなると、英単語が出てこないことや、
TOEICの点数が伸び悩んでいることがしばしばあったり。
やはり何かしら対策はしておいた方がいいのかなぁ。

*一般教養
何とかぎりぎりで取得。
「果たして筋道の通った論文が書けているのだろうか?」といった強迫観念が、
哲学のレポートを書いている時に何度もあったのだが、
稚拙ながらも努力した甲斐はあったようだ。
もう一つ履修した心理学も記述式の問題対策で、哲学の時と同様な
強迫観念が生じて大いに苦しんだのだが、意外にも好成績で取得。
後期も同様の科目を取っている故に、こういうものを読んでおいて
知識を熟成させておくとするか・・・。

*選択科目
肝心の微積Aは、努力が功を奏して取得に成功。
微積Bは見た限り難しそうなので、再び受験生のごとく勉強することになりそう。
他の科目はというと、発想法について勉強する科目(こういったもの)以外は
期末時の詰め込み同然の勉強で、取得成功。
昔から頭の固い自分には、発想法のようなものはあまり向いていなかったようです。

*総評
クラス内の順位では、自分は10番台であったことと、
担当の教授から去年微積を落としたことについて「微積は線形代数より簡単なのに・・・」
と言われたように、何かしら小言を言われやしないかと内心不安であったが、
今回はそのようなことがなく、とりあえず一安心。

インターンの事前研修もやる必要があるけど、
部活を辞めたことで、肩の荷がだいぶ下りた感じがするから、少しは落ち着けるんじゃないかな?
前期はちょっとしたことでストレスが溜まるほど神経質になったことで、
周りに迷惑かけたり、体調を崩したりで色々つらかったからなぁ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

トラックバック

| TOP |

プロフィール

Name:Mr.KN(ミスター・ケーエヌ)

当サークル及び代表の私についてはこちら

最新情報はTumblrの方をご参照下さい。

カテゴリー

月別アーカイブ

個人的特設

大人の発達障害者にも適切な支援を
他人事ではないので、いち当事者として
意思表示。

仮面ノリダーDVD化リクエスト
今のパロディで忘却されつつある何かが
この作品にある。
※現在はサービス一時停止中

最近のコメント

最近のトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。